Top

10万kmを越えたVESPA ET4をメインにイタリアン・スクーターをシッタカ知識とエセ整備という怪しい手法で維持してこう!というブログであります。ごゆっくりして行って下さいませませ。     何卒!
by J_JOE
カテゴリ
全体
PIAGGIO Vespa ET4
GILERA Runner VXR
素人メンテ
カスタム
お出掛け
小ネタ
徒然(独り言)
トラボ~
積載するゾ
イベントごと
過去のバイク
クルマ
洋服
個人的好き風景
九州ツーれぽ
下道大阪
流用パーツ情報
試乗インプレ
リンク紹介
Specialized Allez
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2001年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"Filmstrip1" Skin by Animal Skin
怪奇現象の原因は電磁波
 ブログには振れなかったんですけど、ボクのベスパは怪奇現象がたまに起こります。
人に話すのも怖くてその怪奇現象は毎回何かしらで解消しますし、複雑です。
伏せていましたが、怪奇現象の原因は電磁波であることがわかりました。
d0088661_2311617.jpg




 さてさて、散々引っ張りましたがエンジン掛からなくなるんです。
朝一発目とか1ヶ月ぶり始動とかではなく、
散々、走ってからエンジン切ってからの再始動。

しかも、カブったとかの問題ではなく点火してない?音。
セルをやってもダメなときは一回キーオフにして、天にお祈りして再度キーオンにすると掛かります。

・・・一発で。

ペース的に1年で20~30回。
月にして3回くらい。
計算合わないとか言わないで下さい。
忘れたころにやってきます。だからキモチワルイのです。
しかも、天にお祈りしたり、一服すると散々掛からないエンジンが一発。
ワケワカンネーわけで。

でも、無駄に何も考えず6万キロ近く乗るようなベスパ乗り・・・
じゃなくて舌噛んでヴェスパ乗りではありません。

ある共通点を発見しました。

共通点1→走った後である(さっき言った)
共通点2→夜である(多分、関係ない)
共通点3→焦ってキーオフにすると一発で掛かる(ピンッ!とキタ)
共通点4→火が飛んでないクランキング音(“バスバス”言わない)

はい。ここで電装系で疑われるのはキセノン化したライト。
私、バッテリーの負荷を軽減する為にライトスイッチをつけて暖気中はヘッドライトをけしてます。
でも、キセノンをつけっぱにしてるときに例の怪奇現象に襲われるということも後付け共通点として加えることにしました。

で、キセノンバラストとイモビライザーアンテナの位置関係はこんな感じ。
d0088661_2445567.jpg
イモビライザーのアンテナはキーシリンダーのところにリング状についてる。
そいで、キセノンバラストは真横のカバー裏に隠している。

あきらかにバラストから電磁波を拾っていると考えてもいいのである。

で、それを知ってから必ずライトをオフって再始動するけど怪奇現象はなし。(1ヶ月経過)

結論として、キセノンバラストから出ている電磁波をイモビライザーが拾っていて、
キー認証が出来てなかったということになるだろう。

イモビライザーはキーに入ったICチップをキーシリンダーについたアンテナから電磁誘導によって通信認証行っているので、
バラストからの妨害電波が出ていて認証出来きず、イモビが効いて点火してなかったと。
(CDIでイモビ認証不可だと点火されない仕組み)

キーオフオンを一回することで再度認証されて点火されエンジン始動と。

文章で伝えるのは難しいけどそーいうこと。
この現象、超キモチワルイから判明してすごく安心した。

バラストから出ている電磁波って意外と舐められない存在で、
ETCとかセキュリティアラーム誤作動とかの原因にもなるらしい。
段々、調べていくうちにバラストを延長コードで移動しようかと検討中。

んー。電気って見えないから難しい~。

しかし、本音を言えばイモビよりもキーシャッターとかを付けて欲しいような?
あんまり電装系で余計な装備はイタ車でやらないで欲しい(笑)

でも、ちゃんとイモビってちゃんと効いてるんですね。感動感動。
[PR]
by J_JOE | 2009-05-12 02:56 | PIAGGIO Vespa ET4
<< 夏ボに期待する | ページトップ | 125ie >>