Top

10万kmを越えたVESPA ET4をメインにイタリアン・スクーターをシッタカ知識とエセ整備という怪しい手法で維持してこう!というブログであります。ごゆっくりして行って下さいませませ。     何卒!
by J_JOE
カテゴリ
全体
PIAGGIO Vespa ET4
GILERA Runner VXR
素人メンテ
カスタム
お出掛け
小ネタ
徒然(独り言)
トラボ~
積載するゾ
イベントごと
過去のバイク
クルマ
洋服
個人的好き風景
九州ツーれぽ
下道大阪
流用パーツ情報
試乗インプレ
リンク紹介
Specialized Allez
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2001年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"Filmstrip1" Skin by Animal Skin
パワーアップ!
 別に速くなくてはいけないわけではないし、
脱力系なスクーターとしては邪道かもしれないけども、

動力性能に余裕があったほうが、気持ち的にも余裕が出来て安全。
d0088661_021443.jpg
そこで、今回イタリア老舗メーカーのMalossiから出てるバリエーターに着手。

寒いけど、なんとか取り付けました。
作業時間は約40分くらい。




 
【インプレッション】
●部品自体の比較・・・
 プーリーボスの長さ(変速の幅)純正よりも短い!
 プーリーの大きさはマロッシが1mmくらい大径
 センタースプリングは純正よか柔らかい印象
 ウェイトローラーが二種類入っているが、125用と150用の違いらしい・・・

●走ってみて・・・
 出だしのもたつきは解消された(クラッチの繋がりが良い感じ)
 加速はかなりアップします。
 それ以上に中間の再加速が全然違う。
 最高速が上がったさ(風防つけても105kくらい?)
 80kmからでもまだ再加速に余裕ある

【総評】
 満足度で言えば90%くらい。
確実に速くなっているし、回転数は上がるがエンジン音が五月蝿いこともない。
特に発進時に不満を持っているET4、LX乗りにはお勧め。
 今回一番気に入ったは中間のレスポンスがとても良いこと。
今までなんとな~く加速していた速度域でも、
交換後はトン!とアクセルを捻れば車体が前出る。
センスプの効果で変速タイミングを遅らせて、
プーリーの効果でベルトの落とし込み(低速)と最高速アップと見た。

 短所は・・・ないかな・・・。
価格がちょっと高め(20000円するかしないか)
加速が良くなると楽しくなってしまい燃費が悪くなったりしちゃうことw
d0088661_10253861.jpg

判ってるとは思いますが、所詮、2バルブ125cc単コロ心臓です。
駆動系変えたからってGT、GTSみたいな加速にはなりませんから悪しからずw

















ベルトカバーを開ける為に、アンダーカウルとキックを外す。
この時、カバーを固定している数本のボルト外し、
エアクリの固定ビスも二本外してエクアリをズラせるようにする。
d0088661_072586.jpg
樹脂カバーを外すと19mmのナットが出てくるので緩める。
 この時、リアブレーキを握ってナットが緩めばいいんだけど、
無理な場合はマイナスドライバーを指してナットを緩めると良い。
(本当は特殊工具らしいけどねw)

オイルフィラーキャップを外すと・・・
d0088661_0175644.jpg
パッカーンと外れる。
エアクリがちょい邪魔なら知恵の輪みたいにカバーをカコカコ動かし外すと早いw
d0088661_0193577.jpg
シザーハンド(原付用)を引っ掛けて18mmナットを外す。
(ここでも、特殊工具があるらしいけど緩められればOK~)
これですべてのパーツが外せました~
d0088661_0231686.jpg
しかし、これだけの部品で変速して発進~100キロ位まで引っ張るんだから、
この無段変速機構考えた人に感謝。って誰なんだろね?
 自動的にクラッチは切れるし、加速もそこそこするし。コンパクトだし本当すごい。
d0088661_0255120.jpg
プーリーは新車から開けてないので8000キロ程の状態。
 ウェイトローラーの編磨耗等はなし。TGB製。
ほんでもって、クラッチをバラしてセンタースプリングの交換へ
d0088661_0275529.jpg
46mmのナットを緩めます。
え?セッタサンダルにジャージ?(爆)
 ハンマーでスパナの柄を叩いてインパクトレンチのように・・・カン!カン!
なんで、サンダルで踏んでるか?っていうと、
ナットが外れた瞬間、センタースプリングの反発力でクラッチが飛んでくる・・・。
ご注意を~
d0088661_0321714.jpg
ボヨヨ~ン。
ほんでもってセンタースプリングの比較(左・純正 右・マロッシ)
d0088661_034558.jpg
グイグイと手で押した感じはむしろマロッシのほうが柔らかかったりする。
純正ってかなりセンスプは固め。
どうでもいいけど、左巻きスプリング。
d0088661_0354147.jpg
それにしてもクラッチはキレイですね。さすが新車(爆)
シューの厚さは十分。車体の寿命分くらい長持ちしそうな感じ。
d0088661_0374868.jpg
んで、マロッシのプーリーもスタンバイ~
賛否両論ありますが、ボクはウェイトローラーにグリス付けない派。
 ちなみに20×17サイズで1個9.5gのウェイトを使ってます。
(純正19×17サイズ 8g)
そいで組み込みへ~
d0088661_0423312.jpg
ベルトの方向を確認、外した順番と逆の手順でヨロシクメカドック。
d0088661_045148.jpg
ボスワッシャー→フェイス→薄ワッシャー→キックギア→ナットの順で。

【適正トルク参考値】
プーリー側78~83Nm、クラッチ側55~60Nm

以上で完成~
[PR]
by J_JOE | 2006-12-29 01:05 | カスタム
<< ちょい悪な雑誌の表紙? | ページトップ | 三宅島でレース >>