Top

10万kmを越えたVESPA ET4をメインにイタリアン・スクーターをシッタカ知識とエセ整備という怪しい手法で維持してこう!というブログであります。ごゆっくりして行って下さいませませ。     何卒!
by J_JOE
カテゴリ
全体
PIAGGIO Vespa ET4
GILERA Runner VXR
素人メンテ
カスタム
お出掛け
小ネタ
徒然(独り言)
トラボ~
積載するゾ
イベントごと
過去のバイク
クルマ
洋服
個人的好き風景
九州ツーれぽ
下道大阪
流用パーツ情報
試乗インプレ
リンク紹介
Specialized Allez
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2001年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"Filmstrip1" Skin by Animal Skin
セルモーターが終了。
 仕事の帰りにガソスタで給油してセルボタン押したら全くの無音!(焦)
リアタイヤ謎パンクに続いて怪奇現象が続きます。夏ですから。
d0088661_2258547.jpg
でも、エンジンが温まったてた走行直後だったので、
キック二発でトントントンと息吹き返した(嬉)
危うく家まで20分くらい押すところだったぜぃ。。。



 スターター回路の見直しですよね。
まず、キルスイッチなんてものはないET4。テンパり勘違い説。これは大丈夫そう。
次にスイッチ類!
これもセルスイッチ押すとメーターが少し暗くなるので機能はしてるぞと。
これぞイタ車だよの接触不良説。これも大丈夫だぞと。

さらにこれも弱いと言われているけど、一回も交換してないセルリレー終わった説。
これはセルスイッチに合わせてマグネットスイッチ音でカチカチ鳴ってるのでOK。

で、この時点でバッテリーもOKと見た。

というわけで、消去法でセルモーター終了説に相成りましたと。

さっそくセルモーターを外します。ちょうどキャブの真下ら辺にあるのでボルト緩めて引っこ抜きます。
空冷特有の熱でパッキンが解けてモーターが抜けないパターンがあるようですが、
ボクはプラハンとマイナスドライバーさして抜きました。若干知恵の輪で写真なしw
セルモーターバラすとこんな感じ。
d0088661_2310230.jpg
クリーナー掛けながらバラしたのでキレイに見えるけど、
内部は超ススまみれ!絶対このススは吸い込んだら寿命縮まる。。。
決して長生きしたいからタバコ辞めたわけじゃないのになんかイラっとした。

で、モーターが終了する大半の原因はブラシなんで、
ブラシを見たらブラシが無かった・・・(爆)
d0088661_23132982.jpg
このブラシ。減っていってたまに変な形に減ってしまってなんかの拍子で折れる。
ラジコンもそうだったっけ。
って今のモーターってブラシレスなんですって???

モーター内部を掃除したらブラシの破片も発見。
d0088661_23152366.jpg
あっちゃーって感じですけど7万キロ近くありがとさん。
意外と持ったなーっていう印象。
リーダーエンジンって結構圧縮稼いでいるほうですからね。
特にデコンプもないですし結構セルの負担は多いように感じてました。

で、このブラシの予備あったかなーって探したら予備のセルモーター発見した(驚)
捨てなくて良かった♪
念のためバラしたらブラシはこんな感じでシャフトを咥えてる。
d0088661_23171537.jpg
このブラシがこのシャフトに当たって電磁誘導?でしたっけ?そんな現象をします(適当)
d0088661_23183793.jpg
冒頭にもあるようにセルモーターはミツバ製でした。
キャブは年式によっては京浜だし結構イタスクとはいえメードインジャポーネが使われてますね。
って造ってる場所は日本かどうかはわかりませんけどね。

ミツバ製と台湾製があるみたいです。モーター自体同じサイズで同じ出力で。
で、やはりというかリーダーエンジンはプーリー側でセルギアがあるのでモーターは左回転。
 クォーサーエンジンはフライホイール側でセルギアを回すので反対の右回転なんだって。
たしかにクォーサーってセルモーター自体がリーダーと逆に向いてたんですたっけ。。。

そのままモーター組みなおしてセルボタン押したらちゃんとエンジン掛かった。
ブラシ交換だけでセルモーターが治ったって超嬉しい。
いわゆる、リビルトっていうカッコイイ言葉を発したいだけなんですが(爆)

これで、あと7万キロはセルモーターの心配はいらないなと。・・・多分w
[PR]
by J_JOE | 2010-08-10 23:29 | トラボ~
<< ieに乗ってきた | ページトップ | 1年半ぶり遠出。 >>